2011年02月09日

滋賀県におけるカナダ移民の歴史

滋賀県からはたくさんの人がカナダに移住しました。最初に渡ったのは大藪町の堀善次郎さんと辻勘三郎さんで、1890年(明治23年)にパーシャ号の乗組員としてカナダに向かったと言われています。「新修彦根市史」編集過程で収集した古い写真が約20点展示されています。15日で市役所一階ロビーで。
関連記事 朝日新
http://mytown.asahi.com/areanews/shiga/OSK201102070147.html

移民280.jpg

移民380.jpg

移民480.jpg

移民680.jpg
posted by 市川純雄 at 07:11| 滋賀 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 画像 彦根点描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カナダ移民の歴史
この展覧会は 見たいものです。非常に強い思い出が有るので コメントをさせて下さい
現在の市役所は大蔵省の(当時)印刷局の後ですが 終戦後 ここに進駐軍が駐留していて 門には自動小銃を持った兵隊が 門番として立っていました。子供の私たちは夕刻 その兵隊と遊んで
いました。そのときに時々 つなぎ を着たお父さんが 兵隊と談笑しているのです
勿論 英語で…。ビックリでした 以来お父さんが来るのが待ち遠しくて…。だってそのときは
兵隊から ガムが貰えたのです。そして通訳で 私たちに伝えてくれるのです
その方が カナダから帰国されたお父さんではと思います。家族は今も市役所近くにおられます。
長いコメントでゴメン。
Posted by 田 春男 at 2011年02月10日 09:35
旧市役所は本町にあり、その隣が市立病院でした。現在の市役所は旧印刷所だったことは憶えていますが、進駐軍が自動小銃を持って門番をしていたとは知りませんでした。おそらく通貨の印刷を監視していたのでしょうね。カナダ帰りの人は英語が話せて通訳の役割をしておられたのでしょうね。
滋賀県、特に彦根近辺からカナダに渡られた人は多く、1912年には在カナダの日本人の2割が滋賀県出身者だったそうです。大正時代にピークを迎えますが、1928年に移住制限がなされ、渡航ブームも下火になりました。
Posted by 市川純雄 at 2011年02月10日 19:32
大薮出身者の移住者の写真一度見てみたいです。
現在堀、辻両氏の子孫たち健在です。今では日系人同士の結婚は非常に少なくなりました、2世代3世代後の日系人の顔は可也違ったものになるでしょう。
現在カナダに住む大薮で生活した、2世たちは私の知る限りでは、15人ほどです。戦後のトロントの日系人の比率は、滋賀 三分の一 和歌山  三分の一 その他の県人 三分の一 と聞き伝えに覚えています。今はその比率は、移住者が増えたので、当てはまりません。
連休又雪のようですね、気をつけてください。
Posted by みみ at 2011年02月11日 01:37
堀さん、辻さんのご子孫健在なのですか。いつまでも元気でカナダ生活を送られるといいですね。
彦根からたくさんの人がカナダへ渡った移民の歴史を知る人も少なくなってきました。今のうちに資料を整理して、貴重な史料として残してほしいものです。資料提供を呼びかける掲示もありましたので、市としてもまとめる計画があるのかもしれません。
今年はほんとうに寒いです。今日も雪がちらついています。奈良10センチ、大阪5センチとテレビが積雪情報を伝えていました。こちらも今夜あたりから積もりそうです。
Posted by 市川純雄 at 2011年02月11日 15:25
みみさんのコメントを見て 10日の続きを…。
私の小学生の時に 一人の男の子供が入校して来ました 時々早口で何か言うのです 分かりまん。英語でした。中学 高校を出て カナダへ戻りました。親は大津へ通訳の
仕事に戦後数年は? 出かけていたと思います。友達が同窓会の写真を 送りたいので都合してくれ
と 言われ渡しました。そのカナダへ送ったのです。所在を初めて知りました。
Posted by 田 春男 at 2011年02月11日 22:34
彦根市とカナダの関係について
興味があったので、拝見致しました。

私、6〜7年前にカナダを旅行したことがあるのですが、
その時にTorontoで日系のTsujiさんという方と
知り合いになりました。

メールで連絡を取り合うようになったのはここ1〜2年ぐらいですが、今でもメールでやり取りしております。

何でも曾おじいい様の代からカナダに移住されたそうで、古い白黒写真を送っていただいたこともあります。

辻勘三郎さんのご子孫の方だったのですね。
このブログを拝見してなんとなくそんな感じがします。

もし、彼が日本を訪れた際は、是非彦根を案内してあげたいです。

Posted by 安那 高一 at 2011年04月22日 21:16
コメントありがとうございました。
カナダ旅行で辻さんの子孫に会われ、メールのやり取をしておられるのを知りびっくりしました。彦根からカナダへ移住された方はけっこうたくさんおられるようです。よくコメントをいただく「みみ」さんももその一人で、大藪の出身です。
この展示にも親戚や知人がカナダにおられる方々がたくさん訪れていました。
Posted by 市川純雄 at 2011年04月23日 20:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。