この記事へのコメント
こんな狭い所に交番があったのですね。
石造りの情緒のある橋だったとは知りませんでした。
Posted by うり at 2010年07月18日 21:36
昔の橋のほうが、かっこいいですね。
Posted by ごんざ爺 at 2010年07月18日 23:02
 かっては各所に交番や駐在所があり、そこのお巡りさんが地域の人たちに親しまれていました。芹橋の交番も、かっては川原で盆踊りなどの行事があり、迷子の保護などお世話になった人も多いと思います。橋も立派過ぎる橋にかわり、交番もなくなり情緒のない風景になりました。
Posted by 市川純雄 at 2010年07月19日 14:36
青い山脈、ロケ地今昔
とても興味深く、また感慨も新たに拝見させていただいています。
映画の1シーンと、現在の姿。
面影が微かに残っていることに、ほんのりと安堵していたり。
貴重な画像の数々をありがとうございます。
Posted by わかば at 2010年07月20日 00:02
私も、青い山脈のロケ地今昔楽しく拝見いたしております。
そういえば、芹橋のたもとに石造り(コンクリート?)の交番ありましたね〜
昭和新道から測候所(彦根気象台)に曲がる手前の橋のところにも同じような交番があったような・・・
Posted by けいこ at 2010年07月20日 11:21
 映画をDVDで見て、ロケ地がどうなっているか知りたくて、訪れています。どの地もかなり変わっていますが、面影が残っているのは救いですね。彦根もこれからも変わっていくでしょうが、最小限の面影は残してほしいものです。
 測候所のある丸の木にも、開国記念館の傍にもありました。現在の警察は機動力があるので、交番がなくてもすぐ事件に対応できますが、やはり地域住民の安心のため残してほしいものです。
Posted by 市川純雄 at 2010年07月20日 14:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156688935

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。