この記事へのコメント
懐かしい橋、この橋は昭和8年?か9年に出来たと思います。その後この橋は何年に建て替えたのでしょうか?知りたいです。
Posted by at 2010年07月09日 09:51
竣工は平成8年3月です。
湖周道路の完成で交通量が増え、架け替えられました。2車線で両側に歩道もあり、おそらく芹川で一番大きな橋だと思います。
Posted by 市川純雄 at 2010年07月09日 13:05
きれいな芹川ですね。
みんな川を大事にしていた事が解りました。親父の世代では貧乏でも長い戦争を経て いろんな物を大事にした生活でした。
松原の水泳では 水がきれいで
しじみつかみも 出来たのを覚えていますよ。
Posted by 正男 at 2010年07月09日 17:45
 かって芹川にはフナ、コイ、ナマズ、エビ、ウロリなどがたくさんいました。松原へ水泳に行った時は、しじみを持って帰り、親にも喜ばれ、貴重な食料源になっていました。環境をもっと大切にしなければなりませんね。
Posted by 市川純雄 at 2010年07月09日 19:51
ロケはここの橋だったのですか?
面影がなくて、全くわかりませんでした。
また映画を観た時に確認してみます。
Posted by うり at 2010年07月09日 22:01
橋の向こうの右端の木でこの橋だとわかりました。
Posted by 市川純雄 at 2010年07月10日 13:42
今は有りませんが、この橋を渡り切った鐘紡脇の堤防で学校に急いでいたとき、終戦直前グラマン戦闘機での機銃掃射を受けた事が今でも思い出されます。
それから約18年後の悪夢後の撮影は優雅だったでしょう。近隣の人達、エキストラで出演されたのかな?
Posted by みみ at 2010年07月11日 03:01
 高い煙突のある鐘紡彦根工場がありましたね。ここで機銃掃射を受けられたのですか。私も空襲警報で下校途中、低空飛行のグラマン機によく遭遇しました。二度とこういう時代は来てほしくないですね。
 彦根には鐘紡、近江絹糸、東洋繊維など大きな繊維関係の会社がありましたが、みななくなりました。時代の変化とはいえ、一抹の寂しさを憶えます。
Posted by 市川純雄 at 2010年07月11日 10:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155842781

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。